浪人生 12月の進捗確認【総合編】【現役MARCH落ち一浪早慶】

お久しぶりです。今月は間に合いました。

あっという間にもう年末ですね。4月からはじまった受験生活も9ヶ月が経過しました。
苦しくも、充実した日々を過ごせているのでしょうか。
少なくとも4月よりは成長しているという実感はきっとあるでしょう。
まずはそんな自分を褒めた上で、反省をしていきましょう。
12月の進捗確認です!!気合い入れていきましょう!!

1. 1月以降の予定を立てた(20点)

浪人生も、現役生も、2学期の終わりから冬期講習の終わりごろまで、予定を立てたでしょうか。この時期に予定を立てないと、授業が無くなり、ルーティーンの軸がなくなり、だらだらと勉強してしまいます。
このタイミングでいま一度予定を立て直すべきです。
基本的に軸は冬期講習会の授業と過去問の演習にしましょう。
この2つを軸に、あとの予定の立て方はルーティンを作る時と同じです。
やるべきことを決めて、ごりごり勉強しましょう。
 
 

2. 2学期の復習を全て終えた(20点)

2学期の復習をする時間は冬はない。」と私は散々言いました。
2学期の復習は終わっていますか?もう過去問に取り組むべき時期ってのは重々承知していますよね?2学期の定着なしに過去問解けるんですか?自分に甘えてませんか?
終わっていなかったら、すぐ終わらせましょう。
 

3. 第1志望の過去問に取り組み始めた(20点)

11月の段階では、第2、3志望群の過去問で合格点が取れる段階に達していてほしいということを言いましたが、12月の段階では第1志望の大学の過去問を3年分くらい回して、すこし難易度や傾向に慣れているくらいが理想です。

ここから2月の本番に向けて、足りない知識や解法をガンガン過去問から吸収して、過去問に自分をアジャストしていきましょう。
最後の一伸びはこの過去問の取り組み方で決まります。
過去問の取り組み方は別で記事にしようと思います。
 

4. 冬期講習会の予習・復習に取り組めている(20点)

一番大事なのは授業ということはいつの時期でも変わりません。
(信頼できる予備校の)授業をおろそかにしては、本末転倒です。
この授業でどんだけ実力を伸ばすかが、合格のために1番大切です。
予習→授業→復習は絶対に!これまでやってきたサイクルを止めないで!
どうしてもいらない授業はいいけれども、今まできちんと積み上げてきた授業は切らないで!知識は積み上げだから、最後の最後までおろそかにしてはいけません。
 

5. 受験スケジュールを決めた(20点)

志望校と受験日程を調整して、受験スケジュールを立てましょう。
挑戦校2校。実力校2校。安全校2校がいいでしょう。
これを基準として、連日の受験を避けることのできるようにスケジュールを組んだり、第一志望の大学が一番最小に来ないように調整したり、受験料も考慮したり、、
考えることが多いですが、年を越す前には決めるようにしましょう。
もっと切羽詰まってくる時期にこういうことを考えるのはしんどいですよ。
 

6. まとめと激励

長かった受験生活も少しづつですが終わりが見えてきました。センター試験までは約3週間。個別試験の開始までは約1か月半。年末は気が緩むかもしれませんが、油断は禁物です。今年ばかりは年末くらいゆっくりしなよとは私は言いません。
年末も年始も自分をきちんと追い込んでください。
大丈夫です。春からこのブログを読んできた方は、正しい勉強への姿勢が身についているはずです。寒くて辛くなる時期ですが、そんな時期だからこそチャンスです。
周りがサボる時期に、いつも通りやる。これだけで差が付きます。
あとひと踏ん張り。一緒に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました