富田一彦 おすすめ参考書

この記事は約4分で読めます。

代ゼミのトップ講師、富田一彦先生。
今回は富田一彦先生の参考書の使い方をアドバイスさせていただきます。
代ゼミの授業といかに並行して使うか、自学ではどう使うのか、どれくらいおすすめか、お話していきたいと思います。
すべては扱っていませんが、忖度なしで評価と解説をしていきます。
富田一彦先生がどんな方か分からない方は先にこちらの記事をお読みください。

http://bonjin-bonji.com/2019-04-21-kazuhiko-tomita/

英文読解100の原則 上

オススメ度★★★★★ 緊急度:高

富田一彦先生の代表的参考書であり、英文読解の核となる参考書です。実際の英文を用いて読解原則の基本を学んでいきます。基本的な文型の説明から文法の解説など、実際の読解に活きる形で英文読解の原則を学んでいきます。自力で英文を読むために必要なルールを学び、観察力と思考力を養います。ただ、難易度自体は高いです。一通り文法を学んだ浪人生や、英語に苦手意識のない現役生でないと心が折れる可能性もあります。富田先生の授業をそのまま文章にしたような参考書です。この参考書を読んでみて、自分に合うと感じたら授業を受けるのもおすすめです。1年間富田先生の授業を受講するつもりの方は取り組む必要はないかもしれません。逆に2学期から富田先生の授業を受け始める、という方は必ず取り組むべき参考書でしょう。今までとは一味違う形で文法を学び直したい方には絶対にオススメです。

ビジュアル英文読解基本ルール編

オススメ度★★★★ 緊急度:高

上記の『英文読解100の原則』を易しくしたものがこちらの参考書になります。こちらは英語が苦手な人向けの書籍です。読解原則100のように英文から文法事項を確認するのではなく、文法単元別に英語を読むために必要なルールを学びます。分量的に多くはないので、1の前にこちらに取り組むのもありだと思います。いずれにせよ1学期のうちに取り組んでおきたい参考書でしょう。

ビジュアル英文読解 構文把握編

オススメ度★★★★ 緊急度:中

上記1、2が終わったらぜひ取り組みたいのがこちらの参考書です。こちらは上で学んだ英文読解のルールをいかに活用するかを学びます。短めの英文を活用してルールを使い読み解いていきます。代ゼミの浪人の授業で行われている構文の授業そっくりです。夏までに終わらしておきたい参考書です。

英語長文問題解法のルール144

オススメ度★★★★ 緊急度:中

1、2、3で読解力を養ったら、それをいかに回答まで繋げるかを学びましょう。100の原則の演習版と捉えるとよいでしょう。富田先生が大切にする「論理」というものを体感することになるでしょう。富田先生の真骨頂である、完璧な論理を学ぶことが出来ます。和訳だけの英語に固執していた人にとっては、衝撃の参考書だと思います。代ゼミの浪人コースで英語構文だけ取っている人はこの参考書はぜひおすすめです。

The Word Book とみ単

オススメ度★★ 緊急度:低

通常の英単語帳とは一線を画すものであることは間違いありません。序盤に書かれている、単語の特徴から意味を類推する考え方や、前置詞から意味を類推する部分は読むべきものだと思いますが、後半の細かい単語の特徴などは、よほど英語に余裕のある人以外はやる必要がないと思います。私自身も浪人時代、読破することはできませんでした。

VERBS

オススメ度★★★★ 緊急度:高~中

英文を読むうえで最も大切な動詞について徹底的に扱った参考書。動詞の取り得る文型を演習によって反復し、頭に焼き付ける。これをやれば動詞を見るだけでとりうる型が瞬時に思い浮かぶようになり、攻めの読解をすることが出来ます。逆に動詞のとりうる文系を覚えていないと、読めない文章も存在するため必須の参考書だと思います。ちなみにこちらに参考書は書店などでの販売はなく、富田先生の私塾である西進塾を通じて直接買う必要があります。

https://tomita-english.com/seishinjuku/英語基本動詞集verbs/

試験勉強という名の知的冒険

オススメ度★★★★★ 緊急度:高

「大学受験」というものをどのように捉えるか、ということについて富田先生が持論を展開されている書籍です。参考書ではなく、一般の形式で書かれています。富田先生が大切にされている「抽象化」のお話や、いかに効率よく勉強をしていくか書かれています。私はこれを読むことで、大学受験というものへの考え方がかわり、1年間を通してポジティブに勉強を続けていくことが出来た気がします。超おすすめの本です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。名著が多い富田一彦先生ですが、それが故に、どの参考書をどの時期にやればいいかというのが少し分かりづらいのが悩みでした。今回の記事を参考にして頂き、更なる英語力の飛躍に向けて頑張ってください。

コメント

  1. […] 富田一彦 おすすめ参考書代ゼミのトップ講師、富田一彦先生。今回は富田… […]

  2. […] 【代ゼミ講師】富田一彦先生の評判は?動詞を数えるってホント?代ゼミ英語科トップ講師富田一彦先生をご紹介します。よくネットで見かける「動詞を数える」とはどういうことなのでしょうか。経歴富田一彦先生は都立の立川高校卒。駿台予備校で一浪の末、東京大学に合格された先生です。個人的に私は東大…bonjin-bonji.com2019.04.21 富田一彦 おすすめ参考書代ゼミのトップ講師、富田一彦先生。今回は富田… […]

タイトルとURLをコピーしました