代ゼミ 早慶志望 おすすめ講師

この記事は約5分で読めます。

今回は、早慶を志望する人にとっての代ゼミおすすめ講師を紹介します。

英語

まずは、大学受験で最も配点が高く、大切な英語です。
配点が高いため、もっとも多くの時間をかけるべきです。そのため、予習・復習が大変であっても、確実に学力を上げてくれる講師を選ぶべきです。

富田一彦

まずは代ゼミの有名トップ講師、富田一彦先生です。
東大英語の授業を担当されているため、国公立志望が受講すべき講師だと考えている方もいるかもしれません。

確かに「数学を捨てるものは人生を捨てるようなものだ」という名言もあるように、私立文系志望者のことを富田講師自体はそこまで好きではないかもしれませんが、早慶志望の生徒でも学ぶものがたくさんあります。

特にまとめ方、体系が素晴らしい英文法は誰しもが学ぶべきものです。今までばらばらに覚えていた英文法がまとまります。英語構文の授業は、富田講師の英文法を読解にどう生かすか、ということがふんだんに語られるのでお勧めです。
浪人生(本科生)におすすめの授業は、英文法の授業か英語構文の授業です。

佐々木和彦

富田一彦講師と同じくらいおすすめする早慶志望向けの代ゼミ英語科講師は佐々木和彦先生です。

佐々木講師自体も、早稲田大学文学部出身の講師です。
そのため、早稲田愛はものすごく強く、早稲田系の授業をやる際は、普段以上に力が入っています。

早稲田に関する研究は余念がなく、学びになる年度の過去問をきちんと選んだり、早稲田はこれが出る、ということをたくさん教えてくださいます。

早稲田出身ではありますが、慶應にもかなり精通しています。その理由は言えませんが、慶應の問題もものすごく詳しいです。慶應を解く時はだいたい「僕は早稲田のほうが好きです」といいますが(笑)

西川彰一

早慶志望におすすめ英語科代ゼミ講師、最後は西川彰一先生です。

長年、代ゼミの慶大英語を担当されてきた講師です。西川講師自体は早稲田大学商学部出身の講師であり、早稲田愛が強く、子供の名前にもそれが反映されています。

教え子が大好きな早稲田に落とされるならまだしも、ライバルの慶應に落とされるのは気に食わないという理由で慶応大学の英語を、とても研究した結果、慶應大学の英語のほうが詳しくなってしまったという経緯があります。

西川講師をお勧めする理由は、彼が話す「タテの話」が早慶志望の受験生には絶対おすすめだからです。
詳しくは下記記事を読んでみてください。

現代文

酒井敏行

早慶志望におすすめする代ゼミの現代文講師は絶対に酒井敏行先生です。

早稲田大学政治経済学部出身、代ゼミで長年早大現代文を担当されてきたトップ講師です。

学生であったころ、学生運動に参加したり、デモに参加したりと早稲田のバンカラな部分を味わいつくした酒井敏行講師の早稲田愛は、ものすごいです。

だからこそ、長年研究を重ね、テクニックにこだわらないその読解の姿勢は読む行為そのものを教えてくださいます。
早稲田の話もたくさんしてくれるので、モチベーションもかなり上がると思います。

古文

元井太郎

早慶志望におすすめする代ゼミ古文講師1人目は元井太郎講師です。

東大出身の元井講師ですが、長年早大古文を担当されています。
単語、文法を抑えた上で、独自のダイナミックな読解を展開します。

その視点は新しく、元来、単語と文法を学んで全訳をすることで古文の問題を解いていた受験界に激震を走らせました。
基礎的な単語と文法を学んだうえで、元井講師の読解を学び、自分自身で問題演習を繰り返せば、古文を得意科目にすることが出来ると思います。

歴史(世界史・日本史)

佐藤幸夫

早慶志望におすすめの代ゼミ講師、世界史は佐藤幸夫講師です。

東京学芸大学出身の講師で、かつては高校教師を目指していた方です。

佐藤講師が展開するストーリー世界史は、今まで世界史を好きになれなかった人、なぜか苦手だった人を虜にし、点数をとらせてしまうのです。とにかく授業が面白い。定番のギャグだったり、歴史的人物をもじった語呂合わせは本当に面白い。私も高校時代は世界史が大嫌いで大嫌いでたまりませんでしたが、彼のおかげで歴史を大好きになりました。

また、早慶の世界史の授業も受け持っており、彼のデータを用いた出題予想は圧巻です。
多くの出題分野を当て、用語を当て、時代を当ててきています。

早慶の世界史受験者には絶対おすすめの講師です。

土屋文明

早慶志望の日本史受験者におすすめする代ゼミ講師は、土屋文明講師です。

世界史志望だったので、日本史の講師の事はよく分かりませんが、土屋文明講師を悪く言う生徒は1人もいませんでした。

彼が活用するサクナビは日本中の受験生を救ってきました。

まとめ

今回は早慶志望者向け、おすすめ代ゼミ講師を紹介しました。

早稲田と慶應は私立文系の大学では間違いなく難易度ではトップです。

最難関大学に合格するためには、最強の講師陣が必要です。

代ゼミの講師を味方につけ、合格に向けて直進していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました