浪人生 1年間の過ごし方

この記事は約4分で読めます。

まだ作成中でどんな記事にするか迷っていますが、予備校通いの浪人生が一年間こんな感じで過ごしていけばいいかなーなんてものにしたいと思っています。

4月

浪人生活スタートの月。

友達はできるだろうか、授業はついていけるだろうか。
大学受験に落ちたから浪人をするのに、どこかワクワクした気持ちになっている。

受験生活は何よりもスタートが重要。
一番大事なことは浪人最初の月から勉強のペースをつかもうとすること。
以下の記事では、ルーティンを作ることで毎日決まった生活を送り、不安やストレスに左右されない勉強生活を過ごしていこうというもの。
これを作るかつくらないかで浪人生活の質が全く異なるものとなる。

5月

気が緩み始める5月。なんとなく五月病。
予備校に行きたくない。授業がだるい。あの授業はいらない。
そんなことを受験生は言い始める。
そんなことを言っている間に5月は終わっていく。GWも浪人生にとっては全く休みではない。

5月はなんとなく流してしまったと感じる受験生も多い。いかにこの月を気を張って勉強することが出来るか。

6月

梅雨に入る。
予備校に向かう足が雨で重い。じめじめする。予備校の机もべっとり。

気分まで落ち込み始める。予備校のクラスのメンバーがこの時期から減り始める。

そのため、クラスもどこか異様な雰囲気。

あんなに明るく友達と話して、早稲田絶対受かるぜ、といっていたクラスの彼はどこに行ったのだろうか。

それ以後、彼を目にしたことは一度もなかった。

自己管理を怠る人間、他人に流される人間は少しづつだらけていなくなっていく。

浪人をドロップアウトして、彼らはどこに行ってしまうのだろうか。

7月

暑い。半袖は楽だけど、予備校は寒い。

1学期の授業の終わりが見えてくる。
ここまで本当にあっという間だと思う。

1学期の終わりに焦り。本当にちゃんと勉強してこれたか。


毎月やるべきことをやるだけだ。夏期講習が今月から始まる。

夏期講習はどれを選べばよいのだろうか。不安からか、多くとりすぎてしまいがちになる。

それではいけない。周りに流されず、本当に必要なモノだけにしないと、授業をこなすだけの夏になる。

1学期の復習とバランスをとって受講しなければならない。

8月

高校生の頃は夏休みがとても嬉しかったけど、浪人では夏休みもあまり生活が変わらない。
嬉しくない。
むしろ、街で遊ぶ学生を横目に見ることが増える。

来年は自分もああいう風になれているのだろうか。不安は募る。

夏の気分に流されそうになる。プールに行きたい。

正直、この夏を全て勉強だけで過ごすことはしんどい。

何日間はメリハリをつけて遊んでいい。5か月間頑張ってきてるんだから。


夏期講習が始まった。授業に現役生がいる。

制服が懐かしい。彼らは紛れもなくライバルになる。
今のレベルは大したことないが、直前期に鬼のような巻き返しをしてくる。

圧倒的な差をつける努力を怠ってはならない。

9月

遂に2学期が始まってしまった。不安は募るばかり。

浪人生活も半分を切った。ここからの息切れが怖い。

10月

11月

12月

1月

2月

コメント

タイトルとURLをコピーしました